免疫によるがん治療

免疫は元来、身体にとって有害な病原体などを監視し、攻撃や排除をします。免疫はそれだけでなく、身体の中で生み出されたがん細胞などの異常な物質も攻撃し、健康な状態に保ってくれています。そのような免疫の機能に着目し、免疫の力を増強することによりがんを攻撃しようとするのが、がんの免疫療法の考え方です。

NK細胞とは

NK細胞は、自然免疫の中心をなす免疫細胞の一種です。免疫の働きは、外敵を見つけ即座に排除する「自然免疫」と時間を要するものの、抗原ごとの抗体を作って外敵に対抗する「獲得免疫」に分けられます。NK細胞は、常に全身をパトロールしながら外敵の侵入を見つけるとすぐに攻撃し、がん細胞や病原体に感染した細胞なども直に攻撃します。人間の体内のがん抑制機構は、「がん抑制遺伝子」などを中心とする細胞内におけるものと「免疫細胞」の働きによる細胞外の者に分けられます。私たちは、健康な方でも毎日3,000個~6,000個ほどのがん細胞が誕生していると言われています。それは、がん抑制遺伝子が正しく機能しない等で細胞内でがんの発生を防ぎきれなかったことが原因ですが、これに対して免疫細胞がこれをしっかりと排除してくれることによって、がん細胞は体内に放置されることなく抑制されます。この免疫の働きの中心を担っているのがNK細胞です。免疫の機能が衰えは、がんを取り逃しその後の増殖を許す原因ともなります。がんの予防において免疫が果たす役割はきわめて大きいものといえます。
患者様の体から取り出した血液の中のNK細胞を主に高活性化培養し点滴で体内に戻してがんをやっつけようというのが、NK細胞療法です。もともと患者様の体の中にあった免疫細胞を使うので副作用が少ないこと、免疫細胞のなかでもがん細胞を殺傷する能力の高いNK細胞を使うため、比較的短期間に効果の現れるなどの特徴があります。

NK細胞療法とは

NK細胞はがん細胞を直接攻撃し破壊する機能があります。がんと診断を受けるほどに成長したがん細胞は、免疫の度重なる攻撃を搔い潜り増殖を繰り返してきた細胞であり、免疫の攻撃を回避したり、免疫の攻撃を無力化するなど、一般的に免疫に対して強い性質を持っています。これまでの自らの免疫の働きでは、排除しきれず残ってしまったものであるため免疫にてがん細胞を攻撃しようとした場合は通常の免疫の力では対抗することができません。免疫によるがん治療は、免疫の力を人為的に増強することで免疫に対抗しようとするものです。その中でも、NK細胞療法は、患者様の体から取り出した血液の中のNK細胞を主に高活性化培養し点滴で体内に戻してがんに対抗しようとするものです。もともと、ご自身の免疫細胞を使うので副作用が少ないや、免疫細胞の中でもがん細胞を破壊する能力の高いNK細胞を使用するため、比較的短期間に効果の現れるなどの特徴があります。

 

NK細胞療法の期待される効果

・活性化したNK細胞による直接及び間接的ながん細胞の殺傷に伴いがんが縮小する、あるいはがんの進行の抑制効果が期待できます。
・抗がん剤治療の免疫抑制により免疫のがん細胞に対する抵抗力が落ちてしまった場合の免疫増強、がんの発生や再発を抑制するための予防にも有効です。

様々ながん治療との併用によるコンビネーション治療においてもNK細胞療法は有効性が認められる治療です。

NK細胞療法+遺伝子治療(高活性化NK・遺伝子療法)について

当院では、NK細胞療法と遺伝子治療を併せたコンビネーション治療「高活性化NK・遺伝子療法」を行っております。この治療法は、NK細胞療法と遺伝子治療の相乗効果を狙うものです。
NK細胞は、これらの物質の働きによりがん細胞を殺傷していることがわかっています。
・細胞傷害タンパク(パーフォリン、グランザイム)グランザイム物質の量は他クリニックより約5倍多く含まれています。
・リガンド:FasL、TRAIL
このうちTRAILについては末梢血由来のNK細胞ではそれほど活性が強くないことがわかっています。通常のNK細胞療法では、NK細胞が本来持っている腫瘍殺傷効果のうち、TRAILを介したアポトーシス誘導効果を十分に発揮できない場合があります。高活性化NK遺伝子療法では、TRAIL遺伝子を併せて導入することでこの弱点を補い、NK細胞本来の腫瘍殺傷効果を狙います。

【通常のNK細胞療法では活性が弱いTRAILの力を遺伝子治療で補う】

 

こんな方におすすめ

・副作用が少ないがん治療をご希望の患者様
・末期がんの患者さま、難治性がんの患者様
・抗がん剤や放射線治療での免疫力の低下している患者さま・遺伝子治療との相乗効果を狙いたい患者様
・再発や転移防止賀したい方
※手術を受けた場合は血液やリンパから全身にがん細胞が拡散される危険がありますが、その場合にがん細胞を発症させないために有効だと考えられています。有効な場合には長時間効果が持続するというところも特徴のひとつです。

施術のポイント

・無理のない継続治療が可能で生活の質(QOL)を高く維持できる
身体的、精神的負担がほとんどなく、通院による治療が可能なので、生活リズムもそのままで治療することが可能です。体力の低下もなく、通常の生活をしながら治療を続けられるでしょう。

適応可能ながん

大腸がん 膵臓がん 食道がん 胃がん 肝がん 腎がん 胆道がん 膀胱がん 前立腺がん 甲状腺がん メラノーマ 肺がん 乳がん 子宮体がん 子宮頸がん 卵巣がん 口腔がん 咽頭がん 脳腫瘍など

施術の流れ

STEP I

カウンセリング
医師とのカウンセリングにて、身体やお肌のお悩みを伺います。不安なことやご不明
点など、お気軽にお尋ねください。

STEP Ⅱ

採血
治療は血液30cc~50㏄を採取することから始まります。30cc~50㏄と言ってもピンと来ないかも知れませんが、一般の献血が400ccですので、それと比べて頂ければ僅かな量だとご理解頂けると思います。

培養施設で2.3週間細胞の培養、活性化をします

STEP Ⅲ

投与
活性化NK細胞が入った、生理食塩が入った水を点滴することにより再び体内に戻します。

STEP Ⅳ

採血・投与を4回(1クール)
Ⅱ~Ⅲを4回繰り返し行います。治療の結果は1セット終了後お伝えします。

STEP Ⅴ


診察
1クール4回の投与が完了した後、3週間~約1カ月後に再度免疫検査を行い、結果が出た後に診察を行います。治療の評価により今後について相談します。

NKT細胞標的治療とNK細胞療法の違い

NKT細胞標的治療

 

NK細胞療法

注意事項

※下記に該当する方は、施術をお受けいただけません。あらかじめご了承ください。
・悪性リンパ腫の場合は、型によって適応外があります。治療開始前に必ず当院スタッフにお申し出ください。B細胞型であれば治療可能です。
・白血病の場合は適応外となります。
■副作用
・自分の血液から採取したNK細胞を培養、活性化するため、拒否反応やアレルギー反応の心配は、少ないですが、約10%の患者様に発熱などの症状が起きることがあります。24時間~48時間程度で、自然退縮します。市販の解熱剤等で対応されても良いです。
・既往にリウマチ、膠原病等、自己免疫疾患のある場合は病状の悪化をきたす恐れがあります。
・現在、間質性肺炎を患っている場合は、悪化して命にかかわる危険性が有り、高活性化NK細胞療法を行うことができない場合があります。
・ウィルス性肝炎、特に重症なB型肝炎の場合、免疫賦活により症状悪化、重症化して命にかかわる危険性があることを否定できません。
■免疫チェックポイント阻害薬との併用について
・免疫チェックポイント阻害薬を本治療と併用される場合、必ず主治医の許可と管理のもとにて受けてください。重篤な副作用があった事例報告もあります。併用を希望される場合は、この危険性についても理解いただき、治療を途中で中止する場合があることもご承知おきください。

Q&A

Q.ガンの部位によって有効性の違いはありますか?
A.有効性に大きな違いはないと考えられます。一番重要とされるのは、患者様の免疫細胞がどのような状態にあるかです。免疫細胞の状態が良ければ治療効果も期待できますし、悪い状態であれば治療効果が現れるには時間を要することとなります。

Q.他の治療との併用は可能ですか?
A.問題ありません。
併用することでむしろ高い効果が期待できると考えられます。また、他の治療の副作用を軽減できると思われます。但し、現在お受けになっている化学療法や放射線療法等との併用については、お互いの治療のタイミングを考慮する必要があります。

Q.化学療法(抗ガン剤)や放射線療法との併用は可能ですか?
A.可能です。
但し、化学療法、放射線療法は、免疫細胞を含む正常な細胞にもダメージを与えてしまいますので、抗ガン剤投与後2~3日程空けてからの採血となります。併用される場合は、主治医の先生及び当クリニックにご相談下さい。

Q.抗ガン剤などは副作用が強いので受けたくないのですが、高度活性化NK細胞療法だけで治療することは可能ですか?
A.高度活性化NK細胞療法は、これまで手術、抗ガン剤治療、放射線療法いずれも進行が食い止められなかった場合でも、治療効果が認められたケースもあります。したがって、高度活性化NK細胞療法だけでも治療できる可能性はありますが、高度活性化NK細胞療法は抗ガン剤治療などを妨げない治療法ですので、抗ガン剤治療などと併用することによって、治療全体の効果を上げることが期待できます。

Q,ガンが転移していますが効果はありますか?
A.もちろん、期待できます。但し、全身に転移している様な重篤な場合は期待できないケースもあります。

Q.早期のガンでも治療することは可能ですか?
A.早期のガンでも、抗ガン剤治療などを併用したり、抗ガン剤治療などを終了後に高度活性化NK細胞療法を行うことは患者様にとって有益であると考えられます。

Q.再発予防にと考えていますがどうですか?
A.有効性は高いと考えられます。最近は、再発の予防を目的として受ける方が非常に増えてきています。

Q.治療を受けるのに年齢的、体力的制限はありますか?
A.ございません。
高度活性化NK細胞療法は患者様のお体に負担をかける治療ではございませんので、年齢や体力の制限なく受けていただくことができます。