高濃度ビタミンC点滴とは

抗酸化作用があるビタミンCを中心に、美白に有効な成分を配合した点滴・注射です。メラニンの生成を強力に抑制し、日焼けやシミを予防します。そのほか、コラーゲンの生成や免疫力強化も期待できます。ビタミンCは体内で生成されませんが、食物やサプリメントで摂取しても、血中濃度が上がる前にほとんどが体外へ排出されてしまいます。
「高濃度ビタミンC点滴」は25gのビタミンCを直接血管内に投与するため、血中のビタミンC濃度を通常の10~100倍以上という超高レベルにすることができ、さまざまな効果が期待できます。
高濃度ビタミンC点滴には、多くの効果効能が期待できます。一つは、美白・美肌効果。シミの原因になるメラニンの生成を抑え、肌を白く還元する働きがあり、また、ビタミンCは肌の弾力を保つ細胞、コラーゲン(エラスチン)生成を促進し、シミやシワを予防してハリのあるみずみずしい肌へと導いてくれます。そして、免疫力の強化。インターフェロン産生の強化を促し、白血球の活性化などの作用により、体の免疫機能を高める働きがあります。
また、ホルモン生成(ビタミンCは副腎ホルモン分泌を促し、ストレスに対抗する力を助ける作用)や肝臓内での酵素の働きを活性化させ、体に悪影響を及ぼす有害物質の解毒を助けてくれます。
カルニチン代謝の促進、高コレステロール血症の抑制、鉄分の吸収を高める効能もあります。

・抗酸化作用(フリーラジカルの除去)。
・コラーゲンの生成と維持に関係し、皮膚や粘膜、骨の結合組織の正常な発育を助ける。
・抗ガン活性を持つ免疫物質であるインターフェロンの生成を促進する。
・メラニンの合成を抑制する。
・白血球の働きを良くし、免疫力を高めます。

ビタミンCの効果

・疲労回復
・美白
・美肌
・エイジングケア
・免疫力向上
・がん予防
・歯周病予防・対策

「高濃度ビタミンC点滴」は、抗酸化作用により老化の原因とされる活性酸素を無毒化し、エイジングケアや美白などの美容効果、さらに疾患予防や機能改善を目的とし若返りに対して非常に有効です。近年では免疫力を高め、副作用の少ないガン治療やガン予防としても効果があるとして注目されています。

新しいがん治療の選択肢高濃度ビタミンC点滴治療

高濃度ビタミンC点滴療法は、ライナス・ポーリング博士(ノーベル賞2度受賞)によって発見された、驚くべき癌の代替治療法です。その治療法は、『高濃度ビタミンCは正常な細胞に影響を与えず、ガン細胞だけを殺す、副作用のない理想的な抗がん剤である』との驚くべき内容で、米国国立衛生研究所や米国国立ガン研究所によって発表されました。

なぜビタミンCでがん細胞が死滅するのか

  1. 超高濃度ビタミンCを血液中に点滴すると、まずビタミンCは血管の外にしみ出していきます。がん細胞は栄養となる糖を積極的に細胞内に取り込もうとしますが、ビタミンCはこの糖と非常に良く似た構造をしています。そのため、がん細胞はビタミンCを糖と勘違いして細胞内に取り込もうとするのですが、この過程でビタミンCが酸化され活性酸素(非常に攻撃力の強い酸素)の一種である”過酸化水素”が発生します。この過酸化水素ががん細胞を破壊、殺してしまうのです。ではなぜ、正常細胞は破壊されないのでしょうか。ビタミンCは酸化により過酸化水素という毒素と、酸化型アスコルビン酸という細胞の免疫力を高める物質に変化します。正常細胞の周囲では、ビタミンCが過酸化水素を発生させても、細胞内にある”カタラーゼ”という酵素により除去され、無害化されます。そして酸化型アスコルビン酸だけを取り込み、免疫力を強化していきます。しかし、がん細胞には毒素を無害化するカタラーゼ酵素がほとんどありません。そのため、過酸化水素という毒素に殺されてしまうのです。つまり、「副作用が非常に少ない安全な抗がん剤」と言えるでしょう。

図1                           図2

        

2.血中濃度が高いほどガンが死滅しやすい

引用サイト■https://mitaka-hc.com/_src/3100/me172021.pdf

引用サイト■ https://www.pnas.org/doi/10.1073/pnas.0506390102

適応可能ながん

・脳腫瘍 ・肺がん ・胃がん ・大腸がん ・すい臓がん ・肝臓がん ・膀胱がん ・腎臓がん ・乳がん ・前立腺がん ・卵巣がん ・子宮がん ・悪性リンパ腫 ・白血病 ・その他多くのがん

手術、抗がん剤、放射線治療が有効ながんの場合は、まずそちらを優先しますが、超高濃度ビタミンC点滴は副作用が非常に少ない安全な治療法であり、併用もおすすめします。
但し、抗がん剤(メソトレキセート[Methotrexate]、ベルケイド[Vercade])を現在投与されて治療中の方は、超高濃度ビタミンC点滴療法をお受け頂けません。
超高濃度ビタミンC点滴療法は、同じ部位のがんでもその効果には個人差があります。またがんの縮小効果だけでなく、生活の質(QOL)の改善や延命、標準的ながん治療の副作用症状の軽減など、がんの補助療法としても用いることができます。

このような方におすすめ

・若さを維持したい方
・お肌のトラブルを抱えている方
・慢性疲労、風邪をひきやすい方

施術のポイント

高濃度ビタミンC点滴は漏れると痛みを感じやすいので、それを防ぐため、血管内留置針(サーフロ針)を用いて点滴を行います。点滴中は雑誌を読んだり、眠って頂いて大丈夫です。定期的に受けて頂くことで、エイジングケア、疾患予防効果を得られます。

治療の流れ

STEP I

診察
カウンセリング医師とのカウンセリングにて、身体やお肌のお悩みを伺います。不安なことやご不明点など、お気軽にお尋ねください。注射の場合、診察は初回のみとなり、次回からは予約なしでもお受けできます。来院後、すぐに施術して頂けます。

STEP Ⅱ

施術
高濃度ビタミンCを左右どちらかの腕に点滴します。所要時間はおおよそ30分~1時間ほどです。

STEP Ⅲ

終了
点滴が終了したら、すぐにお帰りいただけます。
不明な点やご質問があればお気軽にお声掛けください。

注意事項

※高濃度ビタミンC点滴は安全性の高い療法ですが、注意が必要な場合があります。

・肝臓疾患や糖尿病、甲状腺の病気、心不全等の疾患がある場合
・その他、重篤な体調不良がある場合
・妊娠中の女性、子供のかた
・G6PD欠損症がある場合
また、低血糖症状を防ぐため、空腹時の点滴は避けることをお勧めします。
詳しくは、事前に受診するクリニックの医師に必ずご相談ください。

■副作用
点滴施術後、まれに以下の症状がみられる場合があります。
・内出血
・疼痛
・注射部位の赤み、腫れ
・口渇
・艇カルシウム血糖
・めまい、冷や汗、疲労感

Q&A

Q.治療の間隔について教えてください
A.アンチエイジング・美容目的のビタミンCは、週に1回から月に1回など、患者さんにより異なります。また、投与量も抗がん目的と比較して少量となります。治療の間隔は、受診時院長または担当医とご相談ください。

Q.効果がでるのはいつごろですか
A.個人差があります。すぐに感じる人もいますが、継続的治療が効果的ですので、院長または担当医とご相談ください。

Q.高濃度ビタミンC点滴治療を受ける利点について教えてください
A.手術、抗癌剤、放射線などの治療と併用すると、治療効果が上がります。弱った身体を修復して治癒力や免疫力を高め、手足のしびれ、下痢や吐気・嘔吐などの副作用を軽減する作用があります。

Q.過去の症例でどのくらいの実績があるのでしょうか
A.米国カンザス州にある国際人間機能改善センター(The Center for the Improvement of Human Functioning International)では、延命などの効果があるのは60~70%だと報告されています。