NMN点滴とは

NMN点滴とは、ハーバード大学医学部の研究により若返り効果が発見された次世代のアンチエイジング療法です。『NMN』は、ニコチンアミドモノヌクレオチドという補酵素で、体の中で作られています。
しかし加齢に伴い体内での生産量が減っていき、10代後半をピークに40代ではピーク時の半分程度までしか体内で産生できなくなります。NMNを摂取することで、身体の見た目や機能が、まるで若返るような研究が次々と発表され、世界中で注目を集めています。NMNを体内に吸収させることで、老化による身体機能の低下を遅らせ、実年齢よりも若く健康的な身体機能を保つ効果が期待されています。NMNは、枝豆、ブロッコリー、きゅうりなどの野菜にも含まれています。
しかし、例えばブロッコリーで十分なNMNを摂取しようとすると、なんと約40kgも消費しなければならず現実的ではありません。
そこで効率よくNMNを補給しようということでサプリメントを中心に知られるようになり更に吸収力を高めるためだけに開発されたのが、NMN点滴です。

NMN点滴の期待される効果

サーチュイン遺伝子(長寿遺伝子)の活性化

・サーチュイン遺伝子(長寿遺伝子)の活性化
・若々しさがよみがえる
・頭がスッキリする
・思考力、集中力の向上
・肌のツヤ、キメがアップする
・シミ、シワなどの年齢肌の改善

エネルギー(ATP)の生産

・体力がよみがえる
・疲れにくくなる
・代謝が上がる
・熟睡できる
・ホルモンバランスが整う

サーチュイン遺伝子(長寿遺伝子)とは

サーチュイン遺伝子は、老化や寿命の制御に重要な役割を果たすとされる遺伝子で、「長寿遺伝子」とも呼ばれています。血糖値を下げるインスリンの分泌を促し、糖や脂肪の代謝をよくしたり、神経細胞を守って記憶や行動を制御するなど、老化や寿命に深く関わっている遺伝子です。サーチュイン遺伝子を活性化することができれば、肌細胞・体力・疲労などの身体機能を改善し、若返りをもたらします。

若返り成分NMNは、体内に吸収されたのち全身の隅々に届けられることでNAD+という物質に変換されます。NAD+は全ての生き物の体内に存在し、若さと健康維持に影響を与えていますが、10代後半をピークに減少していきます。さらに40代になるとピーク時の半分まで減少してしまうことで、若々しさが失われてしまいます。体内のNMNが不足することで若々しさが失われてしまうだけでなく、糖尿病などの疾病の原因になることが知られています。その他、エネルギー代謝、DNA損傷修復、遺伝子発現、ストレス応答を制御していますし、アルツハイマー病、パーキンソン病、網膜変性疾患などの神経変性疾患にもNAD+代謝が関与されています。NMNの不足は、全身機能の低下を招き、見た目の若々しさと健康が失われていくことに直結しているのです。そのため、体内のNAD+濃度を上げる方法として、NAD+の原材料であるNMNを補うことが効果的です。

引用サイト■ https://journals.plos.org/plosone/article?id=10.1371/journal.pone.0042357

-ハーバード大学医学部の研究-

生後22ヶ月(人間の60歳)のマウスにNMNを投与しました。すると1週間後に、生後6ヶ月(人間の20歳)のマウスに相当する筋肉になっていたのです。
たった1週間で、実に40歳の若返りを果たしたのです。NMNにはまだ否定的な面は発見されていません。それどころか、眼の疾患や難聴、肝臓や心臓を守る作用があるとわかっています。
また、肝臓ガンにかかったマウスたちに投与したところ、腫瘍が消えたこともありました。まるで万能薬のようですが、世界中の研究室が確認している事実なのです。

 

 

 

 

ハーバード大学医学部の研究
ハーバード大学医学部 デビッド・シンクレア教授

NAD+ availability decreases with age and in certain disease conditions. Nicotinamide mononucleotide (NMN), a key NAD+ intermediate, has been shown to enhance NAD+ biosynthesis and ameliorate various pathologies in mouse disease models. In this study, we conducted a 12-month-long NMN administration to regular chow-fed wild-type C57BL/6N mice during their normal aging. Orally administered NMN was quickly utilized to synthesize NAD+ in tissues. Remarkably, NMN effectively mitigates age-associated physiological decline in mice. Without any obvious toxicity or deleterious effects, NMN suppressed age-associated body weight gain, enhanced energy metabolism, promoted physical activity, improved insulin sensitivity and plasma lipid profile, and ameliorated eye function and other pathophysiologies. Consistent with these phenotypes, NMN prevented age-associated gene expression changes in key metabolic organs and enhanced mitochondrial oxidative metabolism and mitonuclear protein imbalance in skeletal muscle. These effects of NMN highlight the preventive and therapeutic potential of NAD+ intermediates as effective anti-aging interventions in humans.

引用サイト■ https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S1550413116304958

このような方におすすめ

・集中力が続かない
・いくら寝ても疲れが取れない
・お肌と体の老化が気になる
・髪の毛が薄くなったり細くなったりした
・言葉がすっと出てこない
・20代の頃とは違う疲れ方で鉛のようにだるい
・ダイエットをしても体重も脂肪も落ちない

治療の流れ

STEP I

カウンセリング
医師とのカウンセリングにて、身体やお肌のお悩みを伺います。不安なことやご不明点など、お気軽にお尋ねください。

STEP Ⅱ

施術
NMN製剤を点滴します。所要時間はおおよそ20分です。

STEP Ⅲ

終了
点滴が終了したら、すぐにお帰りいただけます。
不明な点やご質問があればお気軽にお声掛けください。

注意事項

※下記に該当する方は、施術をお受けいただけません。あらかじめご了承ください。
・現在治療中の疾患がある方
・アレルギー疾患をお持ちの方
・薬剤アレルギーがある方
・妊娠中・授乳中の方

■副作用
注入した部位の血管痛や熱感、赤み、発疹などの症状が出る場合がございます。
■未承認医薬品等である事の明示
本治療に用いる遺伝子は、医薬品医療機器等法上の承認を得ていないものです。 院内調剤(一部外部委託)として、適法に調剤しています。 日本では、未承認医薬品を、医師の責任において使用することができます。
■国内の承認医薬品等の有無の明示
同一の成分や性能を有する他の国内承認医薬品等はありません。
■諸外国における安全性等に係る情報の明示
主要な欧米各国で承認されている国はありませんが、ワシントン大学医学部を始めとして、臨床試験(二重盲検無作為化試験)が開始されています。 日本は、慶応大学医学部のグループが臨床試験を行い、ヒトに安全に投与可能であると結論付けています。現時点では、重大な副作用の報告はありません。

Q&A

Q.一回で効果はありますか?
A.NMN点滴は、1回の治療でも寝つきが良くなる、視界が明るくスッキリ感じるなどの効果を実感できることがありますが、美容や疲労回復、健康維持や老化予防などを目的として行う場合は、1〜4週間に1回程度、3ヶ月〜半年程度継続していただくことをお勧めします。

Q.施術中に痛みはありますか?
A.痛みの感じ方には個人差がありますが、点滴の針を刺す際にチクッとした痛みが生じます。
ごく稀に、NMN点滴の投与部位もしくは脇下に血管痛を感じることがあります。

Q.どのぐらいの感覚で受けたらいいですか?
A.NMN点滴は、1回に100mg〜300mgのNMNを投与します。はじめは1〜2週間に1回のペース、その後は月1回のペースで継続的に点滴されることで、サーチュイン遺伝子(長寿遺伝子)の活性化維持が期待できます。

Q.NMN点滴は何歳から受けたらいいですか?
A.NMNは10代後半をピークに、40代ではピーク時の半分程度まで低下してしまいます。このため、30代後半~からお受けいただくことをお勧めしています。

Q.NMN点滴の安全性を教えてください
A.NMN点滴は、ワシントン大学医学部をはじめとして、臨床試験(二重盲検無作為化試験)が開始されています。日本では慶応大学医学部のグループが臨床試験を行い、ヒトに安全に投与可能であると結論付けています。現時点では、重大な副作用の報告はありません。ごく稀に、NMN点滴の投与部位もしくは脇下に血管痛を感じることや、頭痛、吐き気、アナフィラキシー様症状(顔面蒼白、血圧低下、脈拍異常)などの報告があります。